狂犬病の予防

| コメント(0) | トラックバック(0)

狂犬病の名前を知らない人はほとんどいないと思いますが、その症状はと聞かれると正確に説明できる
人は少ないのではないでしょうか。日本では半世紀近く発生したという報告はされていませんが、狂犬
病の犬に咬まれると人やその他の動物にも感染し、死に至らしめる恐ろしい病気です。

症状としては、すべての神経が侵され、呼吸困難を引き起こします。
人や動物にまで感染して死亡率が高いことから、法律でワクチン接種が義務付けられているわけです
が、最近まったく発生していないからといって、安心してはいけません。
世界ではまだまだ発生しているこわい病気なのです。
発生が抑えられているのはワクチン接種がその効果を発揮していると考えられるわけですから、飼い主
の義務としてもかわいい愛犬にワクチン接種をしてあげてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://siawasekuru.com/mt/mt-tb.cgi/91

コメントする

このブログ記事について

このページは、kazuが2006年3月27日 14:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フィラリアの予防」です。

次のブログ記事は「良いわんこの病院の見つけ方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。