フィラリアの予防

| コメント(0) | トラックバック(0)

犬のかかる病気でこわいのがフィラリアです。英語で「ハートワーム」と呼ばれているように、寄生虫に
より引き起こされる病気で、放置すると死亡率が高いのが特徴です。
我が家には今ボーダーコリーの華がいますが、華を飼う前は、ミックスのテトという名前の犬を飼って
いました。

テトは外で飼っていました。
6月ぐらいから蚊が増え、フィラリアのことが気になっていましたが、予防薬を飲まさずフィラリアに
かかってしまったんです。

最初は少し咳き込むので風邪でもひいたのかなぐらいに軽く考えていましたが、そのうち元気がなくなり
あわてて病院に連れて行き、フィラリアの診断を下されました。
すぐに手術を行って寄生虫を取り除き、一命をとりとめましたが、今でも投薬をきっちり行っていなかった
ことが悔やまれます。
この病気は寄生虫が心臓に寄生することにより引き起こされる病気ですが、飲み薬で予防できます。
薬はつきに1回飲ませます。犬種や体重で薬の処方が異なりますので、素人判断で飲ませることは
厳禁です。
必ず獣医師と相談して、かわいい愛犬を守ってあげてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://siawasekuru.com/mt/mt-tb.cgi/90

コメントする

このブログ記事について

このページは、kazuが2006年3月26日 14:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「わんこのワクチン」です。

次のブログ記事は「狂犬病の予防」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。