わんこと一緒に幸せ気分 愛犬との楽しい生活を応援!
幸せ発見Website > 犬の健康管理 > 犬が熱中症にかかってしまったときの対処法

犬が熱中症にかかってしまったときの対処法

今年の夏は異常に暑いですね。
体温を通り越して40度越えのニュースも連日報道されている状況。
やはり地球温暖化の影響なのでしょうか。
部屋の中でじっとしているだけで汗がにじんできます。
たっぷりの被毛で覆われたわんちゃんにとっては、たまらない夏ですね。
我が家のボーダーコリー「華」も少し夏ばてぎみのようです。

こう暑いと、気をつけていても熱中症にかかってしまうことがあります。
熱中症にかかった疑いがあればすぐに適切な対処を行わないと、そのまま死亡してしまう
こともありますから要注意です。

熱中症にかかれば、まず身体を冷やしてあげることです。
水分補給もかかせません。
シャワーをかけてあげることが可能であれば、すぐに冷水を身体全体にかけて体温を下げる
ことが必要です。

少し落ち着いたからと安心してはいけません。
身体が弱っていますから、また急に体温があがることもあります。
素人判断はせずに少し落ち着いたらすぐに医者に診せてあげるほうがいいですね。
あまりにも体力が弱っていれば、点滴が必要になるケースもあります。
医者に連れて行く最中も身体を冷やしてあげることが大事です。
冷蔵庫に氷があるならば、氷水でタオルを濡らし、全体を包み込んであげて、身体を
冷やしてあげるといいでしょう。

暑さ対策用のグッヅを利用するのもいいですね。
ただし、犬によっては好き嫌いがあるようです。
私は冷たい感触の金属プレートを買いましたが、我が家の「華」は玄関入り口の石畳が
お気に入りのようで、そこにお腹をくっつけて暑さをしのいでいます。
金属プレートは使われないまま、物置に眠っています。
せっかく買ってあげたのに~!