わんこと一緒に幸せ気分 愛犬との楽しい生活を応援!
幸せ発見Website > 犬のしつけ > 犬のしつけの適齢とは

犬のしつけの適齢とは

子犬を家に迎えるのは、だいたい生後2ヵ月から4ヵ月ごろが多いのではないでしょうか。

生後2ヵ月から4ヶ月というと、人間の年齢にして2歳から4歳ぐらいですから、良いことと
悪いことの区別がつきにくくても仕方がありませんね。

トイレを覚えるのに時間がかかったり、あま噛みがいっこうにおさまらなかったりするのは
仕方がないことです。

ただし、そのまましつけをしないでほったらかしにしておくと、何が良いことで、何をしたら
ダメなのか覚えないまま大きくなってしまい、飼い主が望まない行動を起こすようになって
しまいます。

こうなると、飼い主にとっても、飼われる犬にとっても不幸なことです。
せっかく愛犬との楽しい生活を夢見て家に迎えたわけですから、基本的なしつけは早めに
はじめたほうがいいでしょう。

我が家のボーダーコリーは、生後半年ぐらいから急に覚えるのが早くなりました。
それまでは、この子は物覚えが普通の犬よりも悪いのではないか...なんて落胆したときが
あるほど、なかなか思い通りに行動してくれませんでした。
でも、まったくの杞憂でしたね。

生後半年というと、人間の歳に換算して6歳から8歳ぐらいでしょうか。
やんちゃ盛りですが、分別もつき始める年頃なんですね。
社会性育成の訓練もこの時期までに行うのが望ましいというのが一般的な見解です。

基礎的な訓練は生後1年以内に、できれば半年以内に行うことが望ましいと思いますが、
愛情をもって接する限り、気にしすぎる必要はないと思います。
あくまで個人的な意見ですが。
しつけの基本は楽しんで行うこと。
それが愛犬にも伝わって、いい関係が築けると思いますよ。



コメントする