梅雨時や暑くなってくると気になるのが犬の臭い。
昼間は窓を開けたりして、あまり気にならないことが多いですが、夜戸締りして朝起きるとけっこう獣臭がすることがあります。

犬好きならあまり気にならないですが、お客のあるときには気を使いますね。
そこで、昔使っていた空気清浄機を引っ張り出してきて稼働させました。
まあ、10年ぐらい前の機種で、お蔵入りしていたものですが、ほこりを払い、コンセントを差し込んでみましたが、どこも問題なく動き出しました。

しばらくして、臭い感知器が働き、風量が最大になりました。
こんなにも敏感に反応するのかと、すこしびっくり。
そのあとも、料理の臭いに反応したり、芳香剤の臭いに反応したりと、部屋の中は様々な臭いで満ちているようです。

さすがに古い機械なので、微細なほこりや細菌まではキャッチできないようなので、この機会に新しい空気清浄機を買うことにしました。

けっこう種類があって迷ったのですが、アマゾンで安い機種が出ていたのでポチリました。
2年前に発売された機種ですが、性能は現在のものとほとんど変わっていないんですね。
だったら、この空気清浄機で十分!そんな風に思ってしまいました。


犬と部屋の中で一緒に暮らす限り、快適に暮らせるよう、いろいろ工夫が必要ですね。

→ 空気清浄機けっこう種類が豊富です。