ニュージーランドの音楽チャートでは、犬にしか聞こえない周波数で録音された曲が昨年の
クリスマスチャートで1位になったそうです。

この曲は犬の飼い主の間で人気が高まったそうですが、人間には聞こえないわけですから、
なぜ人気が出たのか不思議ですね。
この曲を聴いて、ほとんどの犬が喜んだのであれば、犬の飼い主として買ってあげたくなる
気持はわかりますが、ただ、実際に犬に聞かせた人からの感想はまちまちだったそうです。

この曲を聴いて興奮し、ラジオに襲いかかった犬もいるとのことですから、必ずしも犬にとって
好ましい曲ではなかったような気がしますね。
もっとも、この曲のCDはチャリティー目的で販売され、1枚4.99NZドル(約430円)で、
これまでに約2万2000NZドルの収益金が集まったそうです。

私は現在ボーダーコリーを飼っていますが、音にすごく敏感なんです。
車やバイクの音が苦手で、近くを通り過ぎると吠えてしまいます。
犬にとって苦手な音はあると思いますから、無理にこのような曲を聞かせるのはどうかと
思うのですが。


我が家のわんこは音楽自体は好きなようです。
静かな音楽をBGMで流していると、気持ちよさそうに寝入ってしまいますから。
音の種類によって反応が違うんですね。

今後は、この曲を世界的に販売することも検討しているということですが、犬の虐待に
ならないことを祈っています。